[CentOS 6] 『Ctrl+Alt+Delete』でのシステム再起動を無効にする方法

このページでは、CentOS 6(ここでは6.9)で『Ctrl+Alt+Delete』によるシステムの再起動を無効に設定する方法をご紹介します。Linuxでは『Ctrl+Alt+Delete』の同時押しによるシステムの再起動が有効になっています。複数のサーバーを管理している時、KVMスイッチを使って操作することが一般的でが、Windowsサーバーをロックしたつもりが実はLinuxサーバーにつながっていた…なんてことは想像するだけで恐ろしいですね。そういったことが発生しないように事前に設定しておきましょう。

 

1. 無効にするための設定はとても簡単です。以下の設定ファイルを開きます。

 

2. 11行目付近の以下の設定をコメントアウトします。

関連する記事