[Windows 10] ドライブのエラーをチェックする方法

このページでは、Windows 10ドライブエラーチェックをする方法をご紹介します。チェックディスクを行うと、Windowsのファイルシステムの起きているエラーをチェックし、修復することができます。特定の場所でフリーズしてしまったり、読み込みが遅くなってしなうなど、パソコンの調子が悪い時に一度試してみると不具合を改善できる場合があります。

チェックディスクを実行する方法

1. デスクトップの『PC』アイコンをダブルクリックします。

デスクトップにアイコンが表示されていない場合はこちらの手順をご参照ください。

[Windows 10] デスクトップアイコンを表示・非表示する方法

 

2. 『デバイスとドライブ』のセクションからチェックディスクをしたいドライブを右クリックし、『プロパティ』を選択します。

 

3. ローカルディスクのプロパティが開きます。ツールのタブにエラーチェックの項目があります。『チェック』をクリックするとチェックディスクが開始されます。

コマンドプロンプトから実行する方法

1. デスクトップで『Windowsキー』と『X』を同時に押してシステムのメニューを開き、『コマンドプロンプト(管理者)』を選択します。

 

2. コマンドプロンプトが開いたら以下のコマンドを実行します。

 

2. 「ボリュームが別のプロセスで使用されているため~…このボリュームのチェックをスケジュールしますか?」と表示されます。『Y』と入力してEnterを押下します。

 

4. 「自戒のシステム再起動時に、このボリュームはチェックされます」と表示されます。すぐにチェックを行いたい場合は以下のコマンドを実行してPCを再起動します。

関連する記事