[Windows 10] デスクトップアイコンの間隔を調整する方法

このページでは、Windows 10デスクトップアイコンの間隔を調整する方法をご紹介します。Windows 7まではコントロールパネルから簡単に設定することができた内容ですが、Windows 10ではレジストリエディターを使わないと設定することができません。レジストリを変更する際は十分注意して作業してください。

 

1. デスクトップで『Windowsキー』と『R』を同時に押します。『ファイル名を指定して実行』のウィンドウが表示されます。

 

2. 入力欄に『regedit』と入力します。

タスクバーにあるCortanaに『regedit』と入力してもレジストリエディタが表示されます。

 

3. 左のレジストリ一覧から、『HKEY_CURRENT_USER』→『Control Panel』→『Desktop』→『WindowMetrics』の順に進みます。右側のウィンドウに『IconSpacing』と『IconVerticalSpacing』という値があるので、ダブルクリックして値を変更します。『IconSpacing』はデスクトップアイコンの横の間隔、『IconVerticalSpacing』はデスクトップアイコンの縦の間隔です。以下の画像では、共に『-1500』という値が入っています。0に近づくほどアイコンの間隔が狭くなります。数値に悩んだ場合は『-1128』(Windows 10のマシンでよく使われている数値)にしてみましょう。

 

3. レジストリ変更後はPCを再起動してレジストリの変更を反映してください。変更後の赤枠内は『-1128』で、右側のアイコンが『-1500』の設定です。今回は縦の間隔だけ変更しています。だいぶ間が詰まって間延びした感じがなくなりました。

関連する記事