[Windows 10] Windowsファイアウォールを無効にする方法

 

このページでは、Windows 10ファイアウォールを無効にする方法をご紹介します。アプリケーションのネットワーク通信がうまく行かず、切り分けを行うときなどはこの手順で一時的に無効にすることができます。セキュリティリスクが高まるので無効にする際は細心の注意を払うようにしてください。

 

1. スタートメニューからから『設定』を選択します。

 

2. Windowsの設定メニューが開いたら『ネットワークとインターネット』を選択します・

 

3. 左メニューから『状態』を選択します。右側にネットワークの設定変更が表示されます。少しスクロールすると『Windows ファイアウォール』の設定項目があるので選択します。

 

4. ファイアウォールの設定ウィンドウが表示されます。左メニューから『Windows ファイアウォールの有効化または無効化』を選択します。

 

5. 『プライベートネットワークの設定』と『パブリックネットワークの設定』のいずれか、もしくは両方で『Windows ファイアウォールを無効にする(推奨されません)』を選択し、画面右下のOKを選択して設定を反映します。

 

6. 以下のように『Windows ファイアウォールの状態』が無効になれば完了です。代替のセキュリティソフトをインストールしていない場合、または長期的な停止は推奨されません。設定する際は注意してください。

 

関連する記事