[Windows 10] IPアドレスを手動で設定する方法

このページでは、Windows 10IPアドレスを手動で設定する方法をご紹介します。家庭などのホームネットワークにおいて、多くは無線ルーターの初期設定であるDHCPによって自動的にIPアドレスが割り振られている環境が多いと思います。パソコン以外にも、スマホ、タブレット、プリンター、テレビ…など、家庭のIT機器を自分好みのIPアドレスに割り当てたい時などに参考にして下さい。

 

1. デスクトップで『Windowsキー』と『X』を同時に押してシステムのメニューを開き、『ネットワーク管理』を選択します。

 

2. IPアドレスを設定したネットワークアダプタを選択して右クリックします。

 

3. 表示されたメニューの中から『プロパティ』を選択します。

 

4. Ethernetのプロパティが開きます。『インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)』を選択し、『プロパティ』を選択します。

 

5. DHCPを利用している場合『IPアドレスを自動的に取得する』にチェックが入っています。『次のIPアドレスを使う』にチェックを入れ、自身の環境に合わせたIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNSサーバーを入力して『OK』を選択します。

 

6. Ethernetのプロパティを閉じれば完了です。

関連する記事