[Windows 10] リモートデスクトップを設定する方法

このページでは、Windows 10リモートデスクトップを有効にする方法をご紹介します。ローカルネットワーク内であれば本手順でリモートアクセスが可能になります。外出先などで利用したい場合、ルーター側でNATやNAPT等の設定をした上でこの設定を行ってください。

 

1. デスクトップで『Windowsキー』と『X』を同時に押してシステムのメニューを開き、『システム』を選択します。

 

2. 左メニューから『リモートの設定』を選択します。

 

3. システムのプロパティから『リモート』タブを選択します。リモートデスクトップのセクション内にある、『このコンピューターへのリモート接続を許可する』と『ネットワークレベル認証でのリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する(推奨)』にチェックを入れ、OKをクリックしてプロパティを終了します。

 

4. コンピューターがスリープになってしまうとリモートデスクトップの接続ができなくなってしまうため、警告が表示されます。

スリープを無効にする方法はこちらの記事を御覧ください。

https://pc-tech.info/pc/windows/windows10-sleep/

 

5. 上記の設定が終わったら、リモート接続したいコンピューターとは別の端末でリモートデスクトップのクライアントを起動します。『Windowsキー』と『R』を同時に押してファイル名を指定して実行を開きます。入力欄に『mstsc』と入力し、OKをクリックします。

 

6. クライアントが起動したら、コンピューターの入力欄に接続したいコンピューターのIPアドレスかホスト名を入力します。『接続』をクリックすればリモート接続が開始されます。

もしうまくいかない場合、Windows ファイアウォールやインストールされているセキュリティソフトでリモートデスクトップのポートである3306がブロックされていないか確認してください。

関連する記事