[Windows 10] ファイルの拡張子を表示する方法

このページでは、Windows 10でファイルの拡張子を表示する方法をご紹介します。Windows 10のデフォルト設定ではファイルの拡張子は表示されません。非表示でも問題なのですが、拡張子が表示されているとファイルの識別をしやすくなるメリットがあります。ビジネスシーンでは表示させておくとよいでしょう。

 

1. デスクトップのタスクバーでフォルダーのアイコンをクリックしてエクスプローラーを開きます。

 

2. メニューバーから表示をクリックします。

 

3. 表示/非表示のカテゴリー内の『ファイル名拡張子』にチェックを入れます。これで拡張子が表示されるようになります。設定自体はこれで終了ですが、ここでチェックを入れない設定方法もあるので合わせてご紹介します。右端の『オプション』との表記がある上のアイコンをクリックします。

 

4. フォルダーオプションが表示されます。詳細設定を下の方にスクロールしていくと、『登録されている拡張子は表示しない』という項目があります。ここのチェックを外します。

関連する記事