[Windows 10] Windows Defenderを停止する方法

 

このページでは、Windows 10Windows Defenderを停止する方法をご紹介します。このアプリケーションは、マルウェアと呼ばれる悪意のあるソフトウェア(ウイルスやスパイウェアなど)や疑わしいアプリを検出し、削除できます。Windows 10には標準インストールされ、常駐設定になっています。もしパソコンにセキュリティソフト等がインストールされていない場合はむやみに停止することはおすすめしません。しかし、常駐アプリケーションなので、これが原因でPCの動作が重い時、その他の原因でPCが重くなり一時的に高負荷を解消したい場合などは、こちらの手順で一時的に停止することができます。

 

1. スタートメニューから『設定』を選択します。

 

2. 設定ウィンドウが開いたら『更新とセキュリティ』を選択します。

 

3. 左のメニューから『Windows Defender』を選択します。右側に設定メニューが表示されるので、『リアルタイム保護』と『クラウドベースの保護』をオフにします。

 

関連する記事