[Windows 10] 不要なスタートアップを無効(停止)する方法

このページでは、Windows 10スタートアップに登録されている不要なアプリケーションを無効(停止)にする方法をご紹介します。不要なアプリケーションが登録されて起動していることで、起動やシャットダウンの時間増大や、稼働時のパフォーマンス低下に繋がる可能性があります。不要なアプリケーションを停止することでパフォーマンスを向上させましょう。

 

1. デスクトップでタスクバー上で右クリックします。タスクバーのメニューが開くので『タスクマネージャー』を選択します。

 

2. タスクマネージャーが起動したら、左下の『詳細』をクリックします。

 

3. スタートアップのタブを開きます。アプリケーションの一覧から無効にしたいアプリケーションを選択します。ここではOneDriveを指定していますが、任意で選択してください。選択したらウィンドウ右下の『無効にする』をクリックします。

 

4. 一覧の『状態』の項目が無効になっていれば設定完了です。有効に戻したい場合は、前項の様に画面右下のボタンをクリックすることで有効に戻ります。

関連する記事